50代でもウォ―キングでダイエットできるか?習慣化が大切!

ウオーキング ウオーキング

ウォーキングでムチャなく体重を減らす食事制限の
必要性を感じてはいるものの、年齢を重ねて身体が
思うように動かないという人は、ウォーキングで
減量ようにしてみてください。

肉付きのよい体型から標準体型になりたい人には、
ウォーキングでの食事制限が向いていますよ。

ウォーキングなどの有酸素運動を行うことで、
血中脂質が活動力として使われます。

体脂肪を燃やすには大量の酸素を必要とするので
酸素を十分に取りこむウォーキングのような
有酸素運動はもってこいです。

アルコールの飲み過ぎ、食事の偏りなどの不健康な
食習慣は、具合いを悪くすることがあります。

体に負担をかけずに体重を減らすためには、
適度な有酸素運動と、食事の見直しが必須の
ものといえるでしょう。

運動時間の目安は30分程度で、姿勢よくリズムよく
歩くよう心がければ、、難しいことは何もありません。

10分を3回のウォーキングでも痩せる効果は
ありますので、少し早めに歩いていきましょう。

起床後、
朝ご飯を食べる前にウォーキングをすることで、
スムーズに体重を減らすことができます。

血液中にブドウ糖が無いので
体は脂肪を分解して活動力にしようとするので
朝食前の脂肪燃焼効果が高いといえるでしょう。
事前にウォーミングアップの運動をして、
水分をしっかり補給してから運動をします。

体重を着実に減らすためには、ウォーキングを
毎日の生活の中に習慣化させることがポイントです。

 

40代から体重を減らす

若い頃のように体重を減らすことが難しくなったと、
40代も半ばになると実感するようになります。

人間の体は、40歳を越えたころからだんだんと
代謝が低くなって、脂肪が燃焼しづらくなり
痩せることが難しくなります。

食事で得るカロリーを減らし、消費カロリーのほうを
多くすれば体重を減らすことができるといいますが、
思い通りにならないという方の話をよく聞きます。

基本的な食事制限に加えて衰えた代謝を改善する方法を
取り入れることで40代からのダイエットを成功させる
ことができるといいます。

重要なことは、毎日の活動の中で消費する活動力を
多くすることです。

運動量を増やさずとも、代謝を増す工夫をすることは
可能です。

人間の体は、寝ている時は代謝が低く
抑えられている状態です。起きたら熱めのシャワーを
全身に浴びることで、体が温まって代謝が促進されます。

代謝を促進するには、背筋を伸ばしてよい姿勢で
過ごしましょう。

体重を減らすためには、よい姿勢を保って体幹を強くし、
血液が体内を流れやすくすることが効果的です。

最初のうちはキツイですが慣れてくると美しい姿勢が
当たり前になってきます。

歩く時には一歩を大きく踏み出すようにすることで、
カロリーの消費率が高い体になります。

40歳になってから体重を減らすのであれば、
代謝を上げる工夫が欠かせません。